読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

客席が360度回転するという新感覚の劇場「IHIステージアラウンド東京」

客席が360度回転するという新感覚の劇場「IHIステージアラウンド東京」が、東京・豊洲埠頭地区にオープンする。さらに、この新劇場のこけら落としとして、劇団☆新感線『髑髏城の七人』が上演されることは以前お伝えしたとおり。2016年9月8日(木)に本作の製作発表会見が行われ、いのうえひでのり(演出)、中島かずき(作)、そして、出演者の小栗旬山本耕史、成河、りょう、青木祟高、清野菜名近藤芳正古田新太が公演への思いを語った。


『髑髏城の七人』製作発表

『髑髏城の七人』は、劇団☆新感線の代表作にして、劇団最高傑作との呼び名も高い作品。戦国時代、織田信長亡き後の関東を舞台に、アクション、ロマン、笑いを入れ込み、誰もが楽しめるチャンバラアクション時代劇を繰り広げる。

今回の公演は、2017年3月末から2018年までの1年以上に及ぶ期間を、“花・鳥・風・月”の4シーズンに分けて行われるロングラン公演となっている。 第一弾となる“Season 花”は、2011年上演版をベースに、主要キャラクターの捨之介、蘭兵衛、天魔王 に焦点を当てた、若者達の青春群像劇。全く新しいタイプの劇場で、この名作がどう生まれ変わるのかが最大の注目だ。

『髑髏城の七人』いのうえひでのり中島かずきhttp://gameport.jp/user/12275/blog/
http://www.mypress.jp/u/oiuiooaer/
http://oiuiooaer.exblog.jp/
http://oiuiooaer.i-mito.com


いのうえは、「映画のように、途切れることなくシーンが進んでいく。ある意味では、新感線にピッタリな劇場と言っても過言ではない。そして最大の魅力は、それだけ大きな劇場だから、映画のような巨大なセットを組むことができるんです。…
セットの中にお客さんが入っていくような体験ができるんじゃないかなとワクワクしています」と、同劇場ならではの演出プランを明かした。また、中島も「演劇の中に入っていく感覚が非常に強く味わえる。今まで感じたことのない感触が得られる」と期待を込めた。

その一方で、キャスト達はこのシステムにまだ実感が沸かない様子だ。


『髑髏城の七人』小栗旬
2011年版に続き、捨之介役を務める主演の小栗は、「誰も体験したことがないものが東京に出来るということで、そのこけら落としに参加できることはとても誇りに思っています」と挨拶したが、劇場の印象については「イメージがわかなかった」と戸惑いがあることを明かした。そして、「端から端まで走り切るというのはやりたいと思いますが…毎日やるとどうなるのかな。体力作りをしないと、ということを今一番思っています」と新たな挑戦への意気込みを語った。

『髑髏城の七人』成河、山本耕史

劇団☆新感線作品初出演となる蘭兵衛役の山本は、「自分の中で、新しい一歩なので、楽しみにしています」と力強く話し、同じく初参加で天魔王役を務める成河は、「緊張と楽しみが渦巻いておりますが、頑張ってやっていきたいと思います」とコメントした。

『髑髏城の七人』青木祟高、清野菜名

このほか、極楽太夫役のりょうは「(大規模な公演ということに)負けないぐらいダイナミックに、最後まで演じられたらいいなと思っております」、兵庫役の青木は「初めてのことがとにかく多く、混乱も興奮もしています。知らない、わからないことを楽しんで、挑戦できるようにと思っています」、沙霧役の清野は「この作品に参加できることが光栄で、今から興奮しています。…

テレビ朝日は7日、SMAPの香取慎吾が司会を務める情報番組『

テレビ朝日は7日、SMAP香取慎吾が司会を務める情報番組『SmaSTATION!!』と、草なぎ剛が出演するバラエティ番組『「ぷっ」すま』について、SMAP解散後の来年1月以降も「変更の予定はない」とした。

 同局はほかに、中居正広の冠バラエティ番組『中居正広のミになる図書館』があるが、『SmaSTATION!!』と『「ぷっ」すま』には、グループ名をもじったタイトルが付けられているため、局の対応が注目されている。

 番組名といえば、先月26日放送のラジオ番組『木村拓哉のWHAT'S UP SMAP!』(TOKYO FM)に出演した木村拓哉が、「タイトルが変わってもいいので、ラジオは辞めないでください」とのリスナーのメッセージに対し、「タイトルは変わる必要はないかなって、今は思ってますけど」と発言し、話題となった。

 一方、先月27日放送の『さんまのお笑い向上委員会』(フジテレビ系)に出演した明石家さんまは、“SMAP解散の裏事情を詳しく知っている”という前提でトークを展開。共演者から「他局のSMAPの名が入る番組はどうなるのか?」と問われると、さんまは「12月31日までは、あのままや!」ときっぱり。さらに、「解散後は、番組ごと消滅するのか? 名前だけ変えて存続するのか?」との問いには、「SMAPの番組はなくなるって。タイトルはや!」と、改題されると明言した。

 http://egtyrtueaer.hpmk.net/
http://egtyrtueaer.mori8.jp
さんまはほかにも、解散の真相について「(ジャニー喜多川社長や、メリー喜多川副社長から)GOサインが出たら言う!」「おまえらの想像どおりやって、ホンマに。…
また、先月20日放送のラジオ番組『ヤングタウン土曜日』(MBSラジオ)では、裏事情を知る立場から「まぁ、こうなるだろうとは思っていましたけど。オレは個人的には。あのままの状態ではSMAPを続けても意味がなかった」と持論を展開。さらに、中居がキャスターを務めた『リオオリンピック2016』(TBS系)のテーマソングが、10年前の楽曲「ありがとう」になったことについても、「本当はオリンピックのテーマソングを、ここでSMAPが新曲出すつもりだったのが、出せない。開催中に“解散”ってなったから」と暴露していた。

「事情を知る人物の貴重な発言として、ジャニヲタから注目されているさんまですが、SMAPの番組タイトルが継続される可能性が高まると同時に、『さんま、実は何も知らないんじゃないの?』と疑う声が相次いでいる。現在、SMAP解散に関し“なんでも知っている”という素振りを見せているさんまだが、おそらく彼がジャニーズ事務所サイドから内情について説明を受けたのは、昨年12月の『さんま&SMAP!美女と野獣のクリスマススペシャル』(日本テレビ系)の打ち合わせの時点でしょう。そこから状況は二転三転していますし、ましてやSMAPの番組タイトルがどうなるかなんて、現状、当の番組スタッフすらわかっていない」(芸能記者)

 話のテンポを大事にするあまり、「話の9割は嘘」とも言われるさんま。彼のSMAP解散話は、話半分で受け取ったほうが賢明かもしれない。

http://egtyrtueaer.osakazine.net/
http://blog.gurun.jp/oiuiooaer/

故・坂口良子の娘であり、お笑いコンビ・バイきんぐの小峠英二とオープンな交際をし

故・坂口良子の娘であり、お笑いコンビ・バイきんぐの小峠英二とオープンな交際をしていたことでも知られるタレント・坂口杏里。一時はバラエティー番組でも引っ張りだこだったが、小峠との破局あたりから露出は激減。


いつしか、ネットでは“メンヘラ”、“妖怪整形”、“拒食症”などと叩かれ、危うい存在として扱われるように。


そんな坂口杏里が、なんとAVへ転身という衝撃ニュースが飛び込んできた! そこで今回は、“坂口杏里だけじゃない! AV女優へ転身した芸能人まとめ”を紹介しようhttp://xzcvhjfdsg.your-canvas.net/
http://xzcvhjfdsg.mori8.jp




■ ■ことぅーげもただただ唖然……坂口杏里


坂口杏里がAV女優へ転身するきっかけとなったとされているのが、“ホスト通い”だ。小峠との交際前からホストクラブで遊んでいたのは有名な話。しかし小峠と破局したことで、寂しさを埋めるようにホストクラブへ入り浸るようになったとか……。


その結果、母・坂口良子の遺産数千万円を食い潰し、さらに500万円もの借金を背負ってしまったと、一部週刊誌で報道されている。


坂口杏里のAVデビューXデーは、10月1日と噂されているが……。小峠にとっては「なんて日だ!」になるに違いない。



■ ■国民的アイドルAKBからAVへ……やまぐちりこ(元AKB48・中西里奈)


2005年「AKB48 オープニングメンバーオーディション」に応募総数7,924名の中から見事合格し、2008年までAKB48で活躍していた中西里奈。


2010年に突如“やまぐちりこ”に改名し、AVデビュー。…
AKB48の肩書はやはり無敵なのか、1万本売れれば大ヒットといわれるAV業界で、発売わずか1ヶ月で異例の8万本を売上げ、大きな話題に。

しかし、「(AV出演は)どうしても叶えたい夢があったので、それがチャンスになればいい。歌がずっと好きなので、いつか歌うことができたらいいな」と語り、AV出演はあくまで最終目標への通過点に過ぎないとしつつ、2012年に惜しまれながらも引退を発表。


その後自身のブログにて、「夢を叶えたくって入った世界、頑張れば頑張るほど、私の気持ちとは違う方へ進んでいきました。途中で引き返せないぐらいあっという間に時が進み、頑張るしかなかった。むなしかったです」と、当時の苦悩を激白。


しかし、「いま結婚して、幸せに暮らしています」と前向きに綴り、その後は出産したとされている。


いまは一般人として幸せな家庭を築いているのかと思いきや……一部報道では、姉妹でAVデビューしたやまぐちりこの妹・やまぐちりくと一緒に、大分県のナイトクラブで働いていると報じられた。


表舞台で大好きな歌を歌う姿は、もう見られないのかもしれない。



■ ■私、世界基準のポルノスターになったの……小向美奈子


人気グラビアアイドルから突然の事務所解雇。その後、覚せい剤取締法で逮捕され衝撃を呼んだのが、小向美奈子


懲役1年6カ月、執行猶予3年の判決を言い渡された後は、ストリップの踊り子、2度目の覚醒剤所持容疑でのお逮捕(証拠不十分で釈放)を経て、自慢の“スライム乳”を武器にAV女優へと転身。…

http://blog.gurun.jp/egtyrtueaer/
http://gameport.jp/user/12274/blog/

お笑いコンビ・極楽とんぼの山本圭壱がパンケーキを美味しそうに食べている写真を

お笑いコンビ・極楽とんぼ山本圭壱がパンケーキを美味しそうに食べている写真をInstagramで公開したところ、「やまさん可愛い!」「元気もらえる」と反響を呼んでいる。

台風10号の影響で、10年ぶりの復活ライブ全国ツアー初日公演(札幌)が延期となった極楽とんぼ。ライブは全国16か所を回る予定となっており、加藤浩次がMCを務める『スッキリ!』の放送が無い土、日曜を使って10月までの予定となっているhttp://egtyrtueaer.i-ibaraki.jp
http://egtyrtueaer.tsuchiura.net


先月からInstagramを始めた山本圭壱は、フォロワーも約2万4千人にまで増えた。ライブ稽古の様子もあるが、山本の表情はどれも明るく生き生きとしている。9月10日の仙台が事実上のライブ初日となるが、ファンの期待に応えてくれそうな予感がInstagramの画像からも伝わってくるのだ。

6日の『山本圭壱 yamamogt Instagram』に投稿された写真は東京・原宿の人気ハンバーガー店で、パンケーキを食べているところだ。「うまし、うまし」と、一生懸命に食べている山本の画像が公開されている。

フォロワーの多くは「山さんの笑顔は最高です!」「幸せそうな顔で、こっちまでほっこりします」「美味そうに食べますね~」「ヤンチャな子供みたい」と微笑ましく見ている。なかには「鼻のホイップのあざとさが好き」という声もあり、何かを山本が食べているだけでもファンは大いに喜んでくれているようだ。

http://egtyrtueaer.i-kashima.com
http://egtyrtueaer.hpmk.net/

日本舞踊や和楽器などの伝統芸能と

新感覚和製ライブエンターテイメント『SAKURA -JAPAN IN THE BOX-』の初日舞台公開が7日、明治座にて行なわれた。

 『SAKURA -JAPAN IN THE BOX-』は日本舞踊や和楽器などの伝統芸能と、アニメーション、ゲームなど日本が世界に誇るポップカルチャーを融合させ、日本の美しさ、強さ、そして四季の移ろいを表現する、新感覚のライブエンターテインメント。プロジェクターを使ったCGやアニメ映像と演技のシンクロ、さらにダンスや歌、殺陣、アクロバットなどのパフォーマンスを駆使し、美しくも不思議な国「日本」の壮大な物語の旅に観客をいざなう。http://xzcvhjfdsg.your-canvas.net/
http://xzcvhjfdsg.mori8.jp


 この新プロジェクトに、オーディションで主人公の女子高生サクラ役に抜擢された星守紗凪は「始まってから最後までがあっという間でした。稽古から本番までもジェットコースターだったんですが、最後のカーテンコールで実感がどっと来ました」と大役を果たした感想を語る。そして「夏のシーンではコールアンドレスポンスでお客さんの反応が感じられて、『JAPAN IN THE BOX』の住人に見守られている感じでした」と振り返った。

 春の国を司る精霊のMYABIを演じたのは、AKB48を卒業後、舞台を中心に活躍する仁藤萌乃。「今回は歌わせていただいているんですが、歌だけで表現する機会はなかなかないので楽しかったです。貴重な作品に初めて携わらせていただいて、嬉しいです」と喜ぶ。…
この作品は海外からの観光客の観劇も想定しており、星守は「海外からのお客様に、新しいものも、古いものも大切にする日本の心を知っていただきたいです。アニメが好きな方も多いのですが、昔ながらの伝統文化も好きになってもらえたら嬉しい」とメッセージを送った。

http://blog.gurun.jp/egtyrtueaer/
http://gameport.jp/user/12274/blog/